Posts Categorized: Kitchen garden

The first harvest of viollette de sollies

2017 , 11 / 16 by share-gaki //

本来は10月が収穫時のフランス産黒いちじくビオレ・ソリエスが、雨が多く日照不足だったため、一ヵ月ほど遅れで色づき始めました。
もっと黒っぽくなる品種だけど、首が垂れ始めたのと、蜜も出てたので収穫。
今朝は、自家製豆乳ヨーグルトにブルーベリーソースとビオレ・ソリエスでデザートにしました。
甘みと酸味のバランスがいい無花果で、皮の色をアクセントにした料理やお菓子などにも使われることが多く、のドライ無花果にもされる品種だそうです。

 

ビオレ・ソリエスは樹勢が強く、新枝が真っ直ぐ伸びて、大きな葉の付け根に実を付けています。
イチジクの品種によって、栽培の難度が差があるのか、以前畑で栽培してたグゼブラ・スィートも、同じように枝が真っ直ぐ伸びて逞しく育つのに、実は一つも付けなかったのでした。
今夏に講習した苗木のビオレ・ソリエスは、実が付いた状態で届いたのですが、葉ばかり茂って実がならないことが多いようで、栽培が難しい品種なのかもしれません。
水切れで、いくつか落果し、6個だけ残りました。
遅い収穫が来年の実付けに影響が出るかもしれませんが、剪定した枝を挿し木にして増やせたらいいなぁと思います。


Today

2017 , 11 / 14 by share-gaki //

ほとんどの葉が落ちてしまったツタの紅葉が、やっと見頃に。


 

先週からテーマ変更のサイト2つと、9月からのサイトを進めていて、今日はひと段落したあと、午後から昼寝。
でも約2時間は長すぎたようで、起きたあとの胃が思わしくなく、温かいお茶でティタイム。
晩秋の雨は肌寒く、ソラとメグは一緒に籐椅子の上で、ハナは湯たんぽ付きのスツールの中で、ミミはベッドでと、猫たちはそれぞれの場所で、ひたすら寝てる。

 

朝食は、定番のキャベツサラダ(セロリ・大豆・玉ねぎ+林檎)だけど、サンドイッチの時は、それに加えてレタスもで、300円也の寄せ植えが大活躍!
種をまいたルッコラも、ベビーリーフくらいになり、小さなキッチンガーデンで、ささやかな潤いもいただく日々。

 

火曜日は、WOWOWオンデマンドの「プロジェクト・ランウェイ15 #4 デザインよ、浮かび上がれ」更新。
ブラックライトに反応する素材を使って、昼と夜を切り替えられる服がテーマ。

人気リアリティ・ショーの第15シーズン。何千人もの中から番組の出場権を手にした16人が、トップデザイナーを目指して熾烈なデザインバトルを展開する。

早めの夕食のあと、Netflix でドキュメンタリーを2本。
「写真家レスリー・キーの世界」の途中で、PCからテレビに変えて視聴。

◆コルトレーンを追いかけて/Chasing Trane: The John Coltrane

ジャズの巨星、ジョン・コルトレーンの音楽は、どんな出来事に影響されたのか? 様々な証言や映像を散りばめた、偉大なジャズマンの実像に迫るドキュメンタリー。

◆Art Documentary LOVE ~写真家レスリー・キーの世界

関係者へのインタビューを通して、日本を拠点にするシンガポール出身の写真家、レスリー・キーの生い立ちから、彼が独自のスタイルに到達した芸術家人生を追う。


Small fig and big fig

2017 , 8 / 18 by share-gaki //

今朝は、小さい無花果・セレストを収穫。
8月末には収穫予定のアティーナは、ピンポン玉くらいの大きさになりました。

昨日のお客さまからいただいたビッグサイズのドーフィンと並べてみれば、こんなにも違いますが、味は濃厚です。
柿と同じく好物の、大きい無花果と小さい無花果を、しっかり味わいました。


Fig Celest

2017 , 8 / 11 by share-gaki //

ひところはベランダに4種類あったイチジクが、いろんな方の所へ貰われて行ったにもかかわらず、やっぱりベランダで育てたくなりました。

昨年秋に取り寄せたセレスト(3年株)は、コンパクトとの説明の割に 60cm 程の高さがあったので、2月に枝を半分ほど剪定したら、そこから逞しい枝が伸びました。
セレストは秋果専用品種で、新しく伸びた一年枝の葉の根元に、20個余りの実を付けました。
市販されているドーフィンや早生日本種などの大きさからすると、小さな小さなイチジクで、南高梅でいうとLサイズくらいの一口サイズです。

実をつけたあとも、なお先端に新しい枝と葉が育ち、樹勢の強さにびっくりでした。
それもあって、たっぷり水やりしても何度か水切れして、たくさん付いた実が 2/3ほど落ちてしまいましたが、今週に入って色づき始めました。
ベランダでは日照が届かないので、真っ赤にならないうちに収穫できそうなのもありました。


 

今年6月には、グリーンの小さい無花果・アティーナを追加しました。
届いたときは24cm の鉢で、まだ実をつけてなかったけど、今は8個ほどの実が付いています。
7月に入って30cm のスリット鉢に植え替えましたが、根を崩さずに植え替えたので、やっぱり水不足。実が皺だらけで、たぶん真ん中はカスカスかもしれません。


こちらアティーナは同じ3年株でも姿がコンパクト。
実の付き方が販売サイトに記載されているセレステの姿と同じだったで、こちらがセレステ?と見紛うほどですが、ベランダには理想的な姿形です。


Veranda garden in July

2017 , 7 / 24 by share-gaki //


梅雨明けのあと、なんとかエアコンが無くても過ごせる日が続きました。
気温が高くても、湿度が上がらず風さえあれば、扇風機だけでも快適ですが、今朝は散歩のあと、汗が引くまでエアコンのスイッチオン。

紫陽花の花も終わり、ベランダは今グリーンだけですが、風でそよぐ葉が涼しげ。
PC の位置から眺めると、トリミングしたように見えるハツユキカズラと鉢がお気に入りの景色です。


Copyright © 2017 晒柿 All Rights Reserved. Since_2000.10.27 (Remake #6_2014.1)
Designed & Developed by ThemeElephant