Posts Categorized: Sewing

Today

2015 , 9 / 12 by share-gaki //

新たなデータベースに wordpress をインストールしてサイトを作りなおす二度目の作業を、一昨日の朝から始め、夕方には終える予定だったのが、なぜかブログしか表示されず、4度目のトライでやっと正常になり、バックアップを取っておいたデータを移して、翌朝終了。
なにが原因だったか分からず終いでも、ずーっと気になってことを終えられて、ホッ。
長いメンテナンスにご迷惑をかけてしまいましたが、今日も少し手を入れて完成した「Yurie Taguchi glass works」さんのサイトです。

2015-0912

今日は、イケアの籐椅子のクッションカバーを黒っぽく染め直し、手持ちの布でハーフサイズの夏掛け布団カバーを作りました。

大判の二重ガーゼの布と、20年程前に購入したままだったシルク・綿の布幅が、ほぼ同じだったので、袋状に縫い合わせてハーフサイズの麻綿掛け布団カバーにしました。
黒く染まり過ぎたクッションカバーは、色が褪せてきたところで、また焦げ茶で染めてる予定で、久々の、家事日和でした。


I work hard for housework

2015 , 7 / 28 by share-gaki //

昨日は、Tomoko さんとお仲間たちが、冊子「ヒカリめがね」用に、いろんな世代を交えた対談をってことで、我が家にやって来ました。
幼児期の子育て中のTomoko さん、思春期の真っ只中の息子さんを持つま-ちゃんさん、そのお二人のお母さん世代でもある私、そしてライターさんは、「きみどり」さんの素敵なリーフレットを手掛けたIzumi さんです。
二人の息子の母であり、水瓶座であり、仕事と子育てに奮闘(私は過去になりましたが)が共通項で、置かれた時代や状況の中での自分らしさをみつめる・・・

出産を機に好きな仕事を諦め、相手方の職が定まらない不安定な暮らしの中で、二人の息子の子育てをしつつも、心の中で自分探しをしてたのを、想い出しました。
十数年後に息子と生きていくことを選択し、その数か月後に気づいた、なんとも言いようのない解放感(自分の心の中に巣くっていた囚われから)に、明るい未来を見いだしたことも想い出しました。

Tomoko さんも、まーちゃんさんも、今はその最中にいて、いろんな波にぶつかりながらも、心開いて語り合える仲間たちとともに自分らしさを模索しつつ生きようとしている姿に、懐かしさと嬉しいワクワク感をいだきました。
10年後、20年後(は、ちょっと無理か)の彼女たちを見ていきたいなぁ。

打ち合わせをさせていただいてから約3週間も経てしまったサイトに、やっとWordpress への引っ越しのメドがついたので、今日はオフタイム。
洗濯機を2度回して、布団カバーやシーツなどの大物を2組洗い、北からの風で空気がどんどん乾燥してきたので、少なくなった着物の虫干しをしながら、キッチンタオル作りに精を出しました。

2015-0728

キッチンタオルは、綿麻が一番好きで、次が綿、ガラス物は麻をと使い分けてるけど、綿麻のキッチンタオルがあまりなく、麻素材はけっこうなお値段です。
そこで目をつけたのが、無印良品のマクラカバー。麻平織りのストライプで、色違いを2つ購入しました。
裏返して縫い目を切り取り、長手を半分に切って(タオルサイズに)、端を三つ折りにしてミシンをかけ、付属のリボンで掛け紐を縫い付けました。
麻素材のキッチンタオルを買えば、1,000円~はするのを、2枚で1,300円。
さぁて、使い心地は・・・


2015-0729


Sewing weather

2014 , 7 / 31 by share-gaki //

一歩外へ出れば、真夏の太陽が容赦なく照り付けるけど、部屋の中は涼やかな風が通り抜け、昨日などは扇風機もいらないくらいだった。
ここ4日ほど過ごしやすい日が続いて、ありがたい。
次の仕事へ移る前に、ずーっと先送りしてた古着の再利用に、午後から手を付けた。

あまり着てなかったプルオーバータイプのシャツは、前立てのところから下まで開き、重なりの下になる部分に、同じステッチが施してあるカフスを切って、付け足した。
ジャケット風にしたら、着やすいし、どんなボトムにも合って重宝しそう。

2014-0731 2014-0731b

インパクトのある薄い生地の柿渋染めのシャツは、後ろ身ごろを繋いでスカーフにしてみた。
コットンは汗を吸い取ってくれるので、暑い季節の外出時に欠かせないし、リメイクしたジャケットにもピッタリ。
リメイクしてジャケットになったシャツは、たっぷりしてるので、前を重ねて、陶芸家・野村亜矢さんの陶のブローチで止めてみた。

26.7年前の綿麻の半袖ブラウスは、プリントもデザインも大のお気に入りだったけど、洗濯するたびにアイロンをかけてたので、消耗が早い。
背中が裂けたときは、知人に別布でリフォームしてもらったけど、前立ても裂けたので、クリーニングに出した状態で保管していた。
いまだにプリントは好きだけど、さすがにもう着ることはないので、裾のカーブをそのままに縫って、布巾を作った。
他に、着古して生がなくなったものも、布巾や雑巾を作り、ウエス用にカットした。

2014-0731a 2014-0731c

CDを聞きながらのソーイングタイムで、すっかりリラックスした一日だった。


It is …

2013 , 11 / 6 by share-gaki //

ついにパソコンが壊れたかも。。。
昨夜、アツミセミナーから戻って電源を入れたら、立ち上がらなくなってしまった。
たいていのことはnexus7でいけるし、いざとなればNet-cafeがあるけど、パソコンのトラブルは息子の帰省を待って、望みを託すしかない。
IMG_20131106_163320

 

ってことで、今日はソーイング日和。
押入から古着や着なくなったセーターを出して、整理。
生成りのセーターはカーディガンにリメイクで、前立をどうしようか思案中。
nexus7で、写真が入れられるか。。。
できたけど、元写真が大き過ぎだね。


Chibi & Hana

2013 , 9 / 26 by share-gaki //

籐かごで昼寝のチビとハナ。そろそろ、ぬくぬくの猫ベッドを出そうかねぇ
It clicks!

It clicks!
昼下がり、数少ないワードローブを点検す。
「欲しい」だけで手に入れた時代から、「必要なものだけ」への転換は、以外にも早く訪れ(50代半ば)、ましてリタイヤしてからの外出は、ほとんど日常の買物なので、今あるものでも充分足りている。

麻素材の上ものは、前立てのシワが刻印されてしまので、どうも好きになれない。
着なくなった麻シャツのデザインは好きなので、型紙を取ったら、生地は何かに生かそう。
同じく、麻の柿渋染めベストは、座布団カバーにリメイクした。

スウェットのサルエルパンツは、リタイア後に買ったもので、Lサイズでは丈が短かったので、LLサイズも追加して、ホームウェアとして穿いてる。
Lサイズの方は、膝に小さい穴が開き、LLサイズは、床のメンテ塗装後に這いつくばって乾拭きした時に、膝が黒くなってしまった。
散歩くらいなら平気だけど、買物や朝市には、ちょっと恥ずかしい。
そこで、穴が開いたLサイズの方を解いて、後身ごろの足首と股辺りの上下を斜めにカットし、LLサイズの前身ごろへ左右反対にして重ね、丁寧にステッチミシンをかけた。
アームが外せるジグザグミシンだから、きれいに仕上がった。
以前、”Yoshie Inaba” の擦り切れたパンツを、裏地を取り替えたり、何度も裾を直したり、穴が開いた膝は、他の擦り切れた黒いパンツ生地を当て布にしてステッチしてもらい、おかげで20年余り経った今でも現役なのだ。
サルエルパンツは、2000円もしなかったけど、気に入ったものは値段に関係なく、とことん着尽くす。
もともと薄手のスウェットだったので、冬は暖かいかも。
大きなサイドポケットがアクセントのサルエルパンツは、けっこう気に入ってるので、解いた方で型紙を取っておいた。真冬のボトムが一枚しかないので、厚手の生地で作れたらいいなぁ。

穿かなくなったエスニック柄のパンツは、悩んだ末、解いて脚部分(股上が低いため20数センチほど)をカットし、端ミシンをかけてストールに。
もともと大判のストールで作られたデザイナーズパンツだったので、元へ戻った・・・のかな。
何年も前に買った生地を、今日も纏ったり、テーブルに掛けたりしながら、作るものに迷ったけど、案外インテリアテキスタイルとして使うのがいいのかもしれないと思い、たたんで押入に仕舞った。
次回は、来たる冬に備えて、生成りの男物セーターをカーデガンにリメイク。
前の合わせを、布で包むのか、毛糸で編むのかを思案中。


Copyright © 2017 晒柿 All Rights Reserved. Since_2000.10.27 (Remake #6_2014.1)
Designed & Developed by ThemeElephant