Posts Categorized: Sabi & Charan

Lunch and OHAGI of the sesame

2014 , 7 / 21 by share-gaki //

2014-0722

暑くなると、麺類が多くなる。
11時にはお腹が空いてしまったので、手早く稲庭うどんを茹でて冷たくし、たっぷりの細ネギとカチリをトッピングして黄身をのせ、昆布出し(昆布を水に浸けて冷蔵庫で保存)に白たまり・味醂・胡麻油を回し掛けした。

2014-0721小腹が空いたときの一品だけど、そのあと、Tomokoさんから、手作りの胡麻おはぎと、今川果樹園さんの桃を頂戴した。
小豆・黄な粉・胡麻などのおはぎの中で、実は胡麻が一番好きで、嬉しいサプライズの胡麻おはぎをデザートにした。
上等な桃は、食べごろを味わう楽しみとともに、ちょっとおあずけ。

 

チャトランが居なくなってからの白猫クウは、しばらくおとなしかったものの、3日目から、ひとり遊びやソラを相手に遊んだり、部屋の隅々まで探検したりで、子猫らしいクウに戻った。
チビのご飯時に、か細い声で鳴いてお裾わけを要求する以外は、ほとんど鳴かないので、助かっている。
まだ抱っこはしてないけど、体を触る機会が増えてきた。
イケアの籐椅子で爪とぎするソラとミミをみて、クウも真似してるし、立って爪とぎタイプなので、そのうち柱の養生が必要かも。
保護したときに動物病院で爪を切ってもらってから、ずいぶん経ってるので、抱っこできるようになったら、真っ先に詰めの手入れをしなくちゃね。


Full ripeness tomato

2014 , 7 / 19 by share-gaki //

2014-0719

水やりを控えめにして育てたトマト・桃太郎を、しらすとレッドオニオン・スプラウトでサラダに。
家庭菜園ならではの醍醐味で、完熟トマトは、しっかり固くて美味しい。
といっても、ベランダのトマトは一株だけなので、一週ごとに一段3個を収穫できるかどうか。
この季節のメロン系が、軽いアレルギーで食べれない代わりに、他でもトマトを調達して、しっかりいただく。

 

チャトランが里親さんの所へもらわれていったあとのクウは、チビへのご飯の時だけ、か細い声でおねだりしながらやっては来るもののど、兄弟で戯れてた時の、あの喧騒はどこへやらで、気配がないくらいおとなしい。
大人猫に寄っては行くけど、相手をしてくれるのはソラだけで、母猫のように舐めて励ましている。
3匹の兄弟の中でも、クウは一番の甘えん坊だったのかもしれない。
ご飯の時だけ、体を摩ることはできるけど、いまだに抱っこはできそうになく(超怖がり屋なのね)、仕事が押してて、クウと遊ぶ時間があまり取れないので、ソラの存在はありがたい。

 

午後、風がひんやりして、外気温が24℃に下がり、雷鳴とともにバケツの水をひっくり返したような雨になった。
珍しく北側が振りこんだので、共有階段の溝が小さな滝のようになってゴミを洗い流していった。
以前の落雷ではPCのモデムや無線LANの機器がやられてしまったので、仕事を切り上げ、用心してブレーカーを落とし、CATVのケーブルも抜いておいた。
雷の音に、ミミは隠れたものかどうか迷ってる様子だったけど、3.4回落ちたような雷鳴の後、わりと早く去っていった。
これでもう梅雨が明けてくれるのかもしれない。


Chatoran & Kuu

2014 , 7 / 14 by share-gaki //

2014-0714a
ひたすら眠る先住猫のかたわらで、ころころと遊ぶ兄弟の、チャトランとクウ。
寝てるところへクウがやってきて、とまどうミミ・・・チャトランはミミに近づかないけど、見てるこちらがハラハラする。
2014-0714b


Chatoran & Sora

2014 , 7 / 10 by share-gaki //

2014-0710cat
台風の影響で雨が多く、部屋の湿度も高い。
じとじとして気持ちがすっきりせず、こんな時は掃除機をかけて雑巾がけをし、除湿機を引っ張り出して北の窓辺側に置き、スイッチオン。

いつもはベッドの下か、北窓の敷居で昼寝の子猫たちは、除湿機の音と生暖かかい空気がよどむからか、ソラの指定席のエレクトーンの上で昼寝している。
PCに向かって仕事の私とは、格子戸を隔てて30センチほどの距離で、格子の間から指で突っついても起きない。
格子戸がなかったら、きっとここでは寝ないだろうなぁ。

曇ってたり、雨の日の午後は、みーんな爆睡。
私も付き合いたいところだけど、次の打ち合わせまで形にしたい仕事で、PCに釘付けなり。

 
2014-0710cat2
夕方、ふとみると、ソラがチャトランに寄り添ってグルーミングしてた。
子猫への相性があるのか、クウに対してソラは敬遠している。
チャトランは、クウと遊んでいても悲鳴をあげることがあって、すっかりおとなしくなってしまった。
缶詰ご飯だって、みんなと一緒の所へ来ないんだもん。
夜中の運動会がないのは幸いだけど、やんちゃなチャトランにまた戻ってほしいなぁ。
それにしてもベッドの下から上へ・・・私のベッドは乗っ取られてしまった。
今夜も、ミミと一緒に息子の部屋かなぁ。


Chatoran & kuu

2014 , 7 / 9 by share-gaki //

2014-0709保護したころは、シャーシャーと威嚇して鳴いてた白い子猫を、シャーくんと呼んでたけど、クウと名付けた。
他の2匹とは違って怖がり屋さんで、とても体を触れる状態ではないし、ふたたび我が家へ戻った夜は、やっぱり鳴いたので、ほとほと参ってしまったけど、翌日から夜鳴きが納まった。
私には近寄らないものの、ベッドの下で寝る以外は、捕獲されてからの不自由な時間を取り戻すがごとく、先住猫に寄っていったり、部屋中を探検しながら、一人でも遊ぶ。

2014-0709a
チャトランの方が活発で、一昨日は、夜の10時近くから兄弟の運動会が始まってしまい、ご近所の迷惑にならぬよう、テンションの高いチャトランだけ、箱に入ってもらった。
チャトランは、遊びの誘いに乗ってくるし、ご飯もすぐ近くまで来て食べる。
近頃は保母さん役のソラと真剣に戦うので、ソラも力加減をしなくなってきた。

そして昨日、チャトランがミミに遊びを仕掛けたけど、気の強いミミは、本気で噛みついたものだから、悲鳴を上げてベッドの下へ逃げ込んだ。
よほどショックだったらしく、それ以降はご飯を食べにも来ないで、ずーっと籠ってしまった。
なので、昨夜はミミと一緒に、息子の部屋で寝た。
今朝になっても出てこないので、手を伸ばしてチャトランを出し、しばらく抱っこしたり、ソラになだめてもらったりで、やっとベッドの下に籠らなくなった。

子猫が来ると、家出をする成猫もいるらしいが、しばらく先住猫もストレスになるのだろう。
折り合いは、猫同士がつけていくものの、みんなが穏やかに暮らせる気づかいをしていかなくてはね。


Copyright © 2017 晒柿 All Rights Reserved. Since_2000.10.27 (Remake #6_2014.1)
Designed & Developed by ThemeElephant