Monthly Archives: 2012, 10

This morning …

2012 , 10 / 31 by share-gaki //

Cereals risotto of a Japanese pumpkin and a tomato

南瓜とトマトの雑穀リゾット

もうかれこれ2ヶ月くらいになるだろうか、インテリアとして食器棚の上に待機してた南瓜が傷みはじめた。
南瓜って萎びるだけで腐らないと思っていたので、有機栽培でも窒素過多かなぁと、木村秋則さんの話を思い出したが・・・
まだ食べられるかどうかの確認で切ってみたら、種を包んでいるワタと実の上部が少し傷んでいたので、それを取り除いて蒸しておいた。
ねっとりタイプの南瓜で、今朝は雑穀ご飯の残りとトマトでリゾット風にして、蒸した南瓜をのっけ、青味は、青菜の中でも一番好きな春菊をたっぷり。といっても、一人分だと一株で足りる。
味は、ラーメンのときに使った粉末の野菜スープの残りと塩だけ。パルメザンは無いし、いつもは無意識に足す胡椒もやめてみた。
ひょっとした、少しの塩だけでも充分に美味しかったのかも。


Red dragonfly

2012 , 10 / 30 by share-gaki //

It is a tip of the fig of a field, Even if blown on a wind, it does not move intently,
It was a red dragonfly as if it was dwelling in the tree.

 

畑の無花果の先端で、風に吹かれても、じっと動かず
木に宿ってるかのような赤とんぼだった

 
ヒーリング系をセレクトしたBGMで、一日がスタート。お昼頃まで流しているが、最後のナンバーはジャック・ルーシェ・トリオのサティで、このときだけは耳が聴き流さない。
仕事の手を休め、珈琲やお茶を手にサティを聴きながら、風にそよぐバルコニーの緑を眺めていると至福の時を感じる。

 

今宵は満月
17:37 photography


Tan Tan noodles

2012 , 10 / 29 by share-gaki //


chiaki ちゃんの 1 day cafe の坦坦麺に未練があったのもだけど、おみやげに肉味噌をいただいたので、さっそくお昼ごはんに坦坦麺を作った。
1 day cafe で細うどんを使ってたのは、かん水(※)などに添加物の入った中華麺を避けたのかも。
畑の帰りにアツミスーパーへ寄って、天然のかん水を使った「こだわりの味協同組合」の生ラーメンともやしを買い、野菜スープに豆乳で汁を、有り合わせのネギや春菊も入れて、生と乾燥タイプの七味唐辛子をたっぷり振って、熱々を食す。
肉味噌といっても、マクロビだからお肉は使っていない。このぷつぷつの食感はなんだろう。

食べ終わって、ふと時計を見たらまだ11時だった・・・
しっかり食欲が戻ってきてしまった。こりゃ断食は無理かも(苦笑)

 

※ 鹸水(かんすい)
「かんすい」とは、食品衛生法で成分規格が定められた「炭酸カリウム、炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム及び、リン酸類のカリウム塩、又はナトリウム塩の4種類のうち1種類、又は2種類以上含む、アルカリ性の液体または粉体」と定義され、日本では安全性が確認され厚生労働大臣が指定した、安心して使用できる食品添加物です。
 

・・・とあるが、アツミセミナー講師のお話を聴くと、使われる添加剤は経済優先とコストダウンのためのもので、安心安全神話はここにもありき。つきもののスープは更にで、常備していた頃を思うと、ぞっとする。
「こだわりの味協同組合」の生ラーメンは、中国内蒙古の原野に産する「かんすい」(主成分は炭酸Na)を使ってラーメン特有の風味を出し、品質改良剤(プロピレングリコール等)や着色料・酒精(アルコール)を使わず、玉子の黄身とかん水とで黄色を出している。また小麦粉も国産を使用。(遺伝子組換え食品は扱わない)スープはついてないので、その時々で、なんとか風を味わっている。


Copyright © 2018 晒柿 All Rights Reserved. Since_2000.10.27 (Remake #6_2014.1)
Designed & Developed by ThemeElephant