Monthly Archives: 2013, 3

This morning & Lunch

2013 , 3 / 31 by share-gaki //

It clicks!
昨日のお昼、パンを作ろうと思い立ち、イーストは天然酵母のドライタイプを使って材料を仕込んだ。
仕込む時にはまだ、息子の帰省メールに気が付いてなかったので取り掛かったけど、一次発酵が2時間半余りのところで息子を迎えに行く時間になってしまい、そのまま冷蔵庫に入れておいた。
その生地を早朝に冷蔵庫から出して二次発酵させ、サラダを作ってる間に焼いた。クープの入れかたは美しくないけど、初めてカンパーニュらしきパンが焼けて満面の笑みとなる。

It clicks!

一人2杯分の珈琲を淹れ、パンが温かいうちにと息子を起こしてモーニング。
今朝はそれに、新じゃがと新玉葱・春菊・ルッコラ・サトウエンドウのサラダに、林檎の豆乳スムジー、珈琲はモカ・マタリ。
パンの皮が固めでも中はモチモチで、まずまずの味。
デジタルスケールはないし、性格からしてざっくり分量だけど、目標は内田珈琲店のノアレザン(今はお店で焼いてないので)。全粒粉のカンパーニュもいいな。

 

It clicks!

家で天婦羅を作るのは、酸化した揚げ油の廃棄を考えると、年に一度か、せいぜい二度。
それもあって、春に息子が帰省すると、やってみたくなる野草の天婦羅・・・というか、天婦羅が食べたくて、この季節の帰省を待ってるのかもしれない。
今回の具は、タラの芽・ヨモギ・カラスノエンドウ・芽出しニンニク・人参と牛蒡のかき揚げ・海老の唐揚げ、それに夕べの残りの一品と雑穀米のおにぎりが、今日のお昼ご飯。
全部揚げてから盛り付けたので、最初のは冷めていた。
やっぱり天婦羅は、写真なんか撮ってないで、揚げた端から食べないとね。
海老の唐揚げと、人参・牛蒡のかき揚げがおいしい。芽だしニンニクも、香り良くおいしかったなぁ。
山菜や野草は、天婦羅にすると個性が薄れてしまうのもが多いのね。
食べながら、ベランダの春蘭も揚げるだったのを忘れてたことに気が付いた。


Begonia masoniana

2013 , 3 / 30 by share-gaki //

It clicks!
猫たちに葉っぱを食べられて貧相な株になってしまったけど、根茎性ベゴニアの花が咲き始めた。
10数年前、インテリアの撮影用に購入したもので、我が家のベランダにおいては、ちょっと趣きの違う存在だけど、小さな赤い花がかわいいなぁと思う。
もう名前は忘れてしまったし、デジタル図鑑を見ても多すぎて探せない。
http://www.vogel.jp/begonia/rez/index_rez.html
植物って交配によって、どんどん種類が増えていくし、これだけ似たものが多いと、名前はどうでもよくなり、「ベゴニアの花が咲いた」でいいことにする。

次男から、帰省のメール有り。
今回は長男と一日違いだったけど、数日前に予告Cメールの長男、その日にCメール連絡の次男・・・性格の違いそのまんま。

 

さて、今夜は何にしよう。山菜系の天婦羅も食べたいし、魚も・・・
日ごろ粗食なので、ご馳走とまではいかないものの、あれこれ考えてはみるのね。
めずらしく到着の日に床屋の予約を取った・・・というか、この季節は新社会人や新学期を控えての予約が土日は埋まってたので、今日の夕方になったそうな。
夕方6時過ぎに出掛けていったけど、きっと時間がずれ込んでるはずとの予想通り、床屋さんから帰ってきたのは8時半近く。
私の寝る時間からして、ひとり先に食事を済ませておいて正解だった。
晩御飯は、真鰯の照り焼き丼、春菊とほうれん草の黒胡麻和え、新じゃが・新玉葱・サトウエンドウの煮付けに、漬け物とお豆腐の味噌汁。


Restoration!

2013 , 3 / 29 by share-gaki //

長男の床屋帰省で、やっとこの WordPress の管理画面にアクセスできるようになったものの、デザインやらなんやら、一から構築しなおしです。
バージョンアップで、使い勝手も変わってしまい、元通りにするには時間を要しそう・・・
と思いきや、前にカスタマイズしたphpファイルを取ってあったので、デザインやレイアウトは、簡単に戻せました。
今から削除してしまった日から昨日までの記事を入れ込んでいきます。


2013-03291
HP ファイルに書いたのをコピーして貼り付けると、画像ごと貼り付けることが出来たので、思ったより早く3月分の記事を移せました。
記事タイトルが墨黒から赤に変わってしまったけど、分かりやすいからそのままにして、あとは2年分の画像のサムネイルを作ってアップするだけってことで、一件落着!
しましまぁ、自分のサイトでよかったと、つくづく思いました。


Soy milk au lait of powdered green tea

2013 , 3 / 29 by share-gaki //


It clicks!

明日土曜日の入荷まで、なんとか残ってた2杯分の珈琲豆モカ・マタリを、今日帰省の長男用に取っておいて、今朝は抹茶の豆乳オーレにしてみた。
抹茶をティスプーンざっくり一杯にお湯を少し入れて溶き、蜂蜜もいれて温めた豆乳に混ぜてから、アエロラテ(泡立てる道具)で、少しだけ泡だてる。
そのオーレをマグカップに注いで、刻んだ胡桃とキャラメルシュガーをトッピング・・・う~ん、抹茶にキャラメルシュガーは蛇足だったかなぁ。
今朝はこれに林檎を一つ丸かじりで、お腹が満たされた。

この季節、猫たちの抜け毛が半端じゃない。
絨毯や衣類についた毛や、猫の手入れの仕上げに使ってるコロコロ(一袋約千円もする)が、すぐに終わってしまうので、例年より早めに居間の絨毯を外した。
猫たちの毛の手入れをしながら、ふと思った。ハナの白は牛乳の白、ソラの毛色は豆乳の色だなぁって。
その豆乳が、半年ほど前から我が家の常備品の一つになった。(ソラが来たのと同時期!)
きっかけは、「発酵する生き方研究所 みなみ屋さん」の ご飯からの乳酸菌培養による豆乳ヨーグルトの講座で、それいらい豆乳派に。 (ご飯の乳酸菌でヨーグルトは、牛乳だと出来なかったのも一因)
牛乳のように短い賞味期限を気にしなくて済むし、大豆蛋白が摂取できるし、自家製乳酸菌のヨーグルトも果物とのスムジーもで、なくてはならない食材のひとつになっている。

月に一度の「カフェ創作室」では、“ミルク” にフレッシュや牛乳、生乳(想いやり生乳)を用意してはみたけど、いいものを選ぶとコストがかかる上に、牛乳や生乳はともかく、残ったのや使わなかったフレッシュにおいては、私の食生活だと使いこなせなせず、持て余していた。(市販の小さな容器に入った“ミルク”は、成分からして選択肢には無い)
そうこうするうち、豆乳のやさしい甘みと旨味を知るようになって、カフェ・オーレの季節から豆乳へ転換。
ただ、豆乳カフェ・オーレは美味しいし、体にもやさしいけど、珈琲にたらす“ミルク” に使うには、味わいが今ひとつ。
オーレ用に豆乳を使っていくけど、“ミルク”は・・・採算を度外視した珈琲プライスなので、あしからず。
そのぶん美味しい豆で、美味しい珈琲を淹れようと心がけてますよ


Goodyera

2013 , 3 / 28 by share-gaki //

The flower of Goodyera carried out valiantly
凛としたシュスランの花

昨夜、PCの本体の場所を変えてみた。
棚の下段に置いてたのだけど、USB が使いにくかったので、上の段した。
それがよろしくなかったのかどうか、PCが途中でダウンしたり、立ち上がらなかったり。
今朝も立ち上がらなかったので、電源の入れなおしからスタートしたが、まさか寿命じゃないでしょうねぇ。
配線の接触が不安定になってるのかもしれないので、掃除も兼ねて、一度裏側をチェックしなくちゃ。



配線のチェックをして納めたけど、やっぱり動作が不安定なので、本体を下の段に戻した。
PC も意思を持ってる?
大きな地震でも飛び落ちないようにと思って下の段にしたけど、上に置くと本体の裏から出ている電源用の超太いケーブルが、ちょっとのこと(膝が触れたりとか)で接触不良になるのかなぁ。
ともあれ、息子のお下がりで、かなり年期の入ったPC さん、もう少し頑張ってくださいませ。


Copyright © 2017 晒柿 All Rights Reserved. Since_2000.10.27 (Remake #6_2014.1)
Designed & Developed by ThemeElephant