Monthly Archives: 2013, 12

The eldest sons’ year-end party

2013 , 12 / 31 by share-gaki //

2013-1231 昨日は、長男が友人たちとの忘年会で帰省した。
中学や高校で同級だったり、部活が一緒だったりの繋がりだそうで、社会人として、それぞれの道を歩み十数年経っても変わらず、年末に集っている仲間たち。
今年は我が家が会場となり、背の高いHくんが、低くて小さいキッチンに立ち、手際よく野菜を刻んで鍋物の準備を進めていた。
牛蒡のささがきも、手慣れた包丁さばきで作るのを、外野は見惚れるばかり。
タラと鶏肉のちゃんこ味噌鍋だそうで、いただきもののお餅とうどんを提供した。
2013-1231a おせち料理とまではいかなくとも、昨夜のうちにストーブで黒豆を煮ておき、今日は自家製柿酢で、柚子と干し柿入りのおなま酢を作った。
おだやかな酸味の柿酢に味醂を少々足したおなま酢は、酢が苦手な私でもいただけそう。
お煮しめを作り、厚卵焼きは明朝に。
夕刻に、次男が帰省。
我が家の大晦日はいつも鍋物で、浜松のMさんの仕入れていただいた美味しい豚肉をメインに、野菜とキノコたっぷりの水炊きは、金胡麻ダレでいただいた。
年越し蕎麦の出汁と薬味を用意しながら、食に始まり、食に終わる一年だったなぁと、しみじみ思った。


The last lecture of this year

2013 , 12 / 30 by share-gaki //

mimiandchiaki

 

いろんな方との縁をいただいて、今年もまたHPやブログのお手伝いをさせていただきました。
できれば更新作業もと、レクチャーも同時進行のことが多く、今年最後のレクチャーは、ヨガ&マクロビオティックのChiaki ちゃん。
手作りのクッキーとご実家でついたお餅をいただき、次男からのお菓子も添えて、まずはティタイム。
Chiaki ちゃんの膝にべったりのミミと、ツーショット!
年が明けたら、スマホ用のHPに取り掛かります。
http://seeds-of-happiness.com/


The flower of a loquat

2013 , 12 / 28 by share-gaki //

2013-1228

枇杷の植え替えで、根を切りすぎた「田中」の方は、ほとんど葉がないのに、けなげにも花穂を出し、12月の中ごろから咲き始めた。
「長崎」の方は、まだ葉が残っていて、こちらも蕾がふくらんできた。
この季節のベランダには、ミツバチが来てくれないので、せっせと受粉している。
枇杷の花は、ほんのり甘く上品な香りなので、メジロが来たりもするけど、今のところミカンだけがお目当てのようだ。
実が大きい「田中」や「長崎」は、一枝に一つか二つに抑えるらしいけど、受粉しないのもあるので、いつも様子を見ながら数を調整していく。

昨日は朝市、今朝は珈琲豆を受け取りがてら、「くくむ」と「サンヨネ」で、野菜やキノコ類などの買い物を済ませた。 年末らしく、どこも賑やかで、みなさん山のように買い物をして、一万円札がレジの中に吸い込まれていく。
冷蔵要の生鮮を30日に予定している我が家も、すでに一ヶ月分の食材を買い込んだ様相で、ささやかななお支度ながらも大判ふるまい気分。
次男よりも先に帰省した土産は、冷凍と冷蔵要なものだから、普段は隙間だらけの冷蔵庫や冷凍庫がふさがってしまい、野菜の多くを、夜はベランダ、昼間はコンクリート打ち放しの浴室で待機させている。

そうそう、お土産の「cafe 8」は、まさに大判ふるまい!


This morning …

2013 , 12 / 24 by share-gaki //

2013-1224

昨日、ソックスを買いに出掛けた流れで、パン屋さんにも寄った。
『かぜのように はなのように』のパンの中では、特にライ麦と雑穀が入りのカンパーニュが好きで、1/4カットを買い、 他にもクルミ入りのパンと、珍しくクロワッサンを買ってみた。
クロワッサンは昔ほどに興味がなくなったけど、よくあるパイのような食感(加齢で、これが苦手に)ではなく、とても美味しかった。

お店に着いたとき、店主さんは外でパン窯用の薪づくりに専念されていた。
こだわりの石窯は、きっと体力との勝負なんだろなぁ。
それにしても薪材(主にクヌギとか)の、あまりの太さに、さぞかし大変だろうなと思ったので、会計のあと聞いたら、昼時を過ぎたお店は私一人だったこともあり、興味尽きない話へと展開していって、まるでインタビューよろしく、次のお客さんが来るまでの一時間近く、いいお話が聞けた。
売れることだけに走らない拘りがいいし、パンを焼きだして足かけ4年、お店を開いて3年に至るまでの、店主さんの20年間の人生は布石だったのかもしれないなぁと、帰りの車の中でそっと想ったのだった。

今朝は、カンパーニュを斜めにスライスしてストーブで温めたのに、マーマレードを添え、キャベツ・春菊・玉ねぎ・ブロッコリーの野菜サラダも。
この数か月の食べすぎを修正したくて、このところパンを焼いてないだけでなく、食べるのも久しぶりだったけど、味わいのあるパンに満ち足りたモーニングだった。
それはきっと店主さんの想いと、ひょっとしたら人生の一部もエッセンスになってた? なんてね。


The worm biz of this winter

2013 , 12 / 23 by share-gaki //

今朝、洗濯をしながら、洗濯物の中にあるはずの伽羅色のソックスが見当たらないことに気が付いた。
周辺を探しても見当たらないので、よもやと思って護美箱を見たら、なんと底の方に・・・
洗面台の横に置いてるアルミの護美箱は蓋付きなんだけど、大きな紙くずや猫4匹分のトイレ砂などは、蓋のない方が入れやすいので、取り外してるのね。
なので、時として棚に置いたものが落ちることもあって要注意。
しかも、今朝はゴミの収集日だったので、間一髪!

ユニクロで買った色違い2足セットのソックスは、結構しっかりしてて、これだけだと冬場の部屋の中では心もとないけど、外出で靴を履くと温かく感じるヒートテックタイプで、春秋用によさそう。
伽羅色・こげ茶とともに気に入ったので、値下がりしたら違う2色セットもと目論んでる。

冬が来る前に、厚手のソックスを新調した。
ウール混なので毛玉のでき具合を試したいこともあって、MUJIの700円(税別)を一足だけ。
厚味がほどよく温かく、心配した毛玉も気になるほどではなかったので、今日また追加でMUJIのお店へ赴いたら、値下がりしてたので、色違いを2足購入。
もうひとつ、寒さ対策は足元からということで、メリノウールスパッツ(登山用)を予定してたけど、今は手が出ないので、ユニクロのニットのスパッツ(レギンスという名称)も一つ新調したら、これでも充分温かいのが嬉しい。

冬が出番の、ワンサイズ大きいショートブーツは、厚手ソックス+普通ソックスでも履けるのね。
あったらいいなぁと思ってるムートンブーツには及ばないものの、冷え込む日の外出は、レッグウォーマーで温かさをプラスすることにした。
欲しい=購入・・・の時代は終わっても、欲望は尽きない。
そんな中で思いつくことを、けっこう楽しんでるなぁと思う。


Copyright © 2017 晒柿 All Rights Reserved. Since_2000.10.27 (Remake #6_2014.1)
Designed & Developed by ThemeElephant