着物まわりフリマの収益金で、革のバッグを新調することにした。
事前にチェックしてたgenten のメッシュトートは、かっちりしすぎず使いやすそうだったので、実物が見たくて名古屋店に確認したら、店頭にはないので希望の色を予約しなくちゃならないとのこと。
しかも、あまりにも高すぎたので諦めた。
その前の候補でもあったメッシュのトートは、アジア製でお値段も手ごろだし色も気に入ったけど、今使ってるサイザルのと同じように底が丸いため、中に入れたものの納まりが悪かろうと却下。

その数日後、久しぶりにファッションサイトの online shop を覗いたら、新商品の中にトートバッグがあり、しかもラフな感じが目に留まった。
両サイドのマチに内ポケットがあり、裏地を付けてないので、口の伸びを見込んで取ったタックがアクセントの、超シンプルデザイン・・・見ようによってはエコバッグ?

続きは ⇒ http://www.share-gaki.com/tool/64index.html

続きの続き・・・

2014-0425a 2014-0425b

ついでに店内にあった、自然のカーブが付いた革の端っこを細く切ってもらった。
帰宅してから、その細い革でミミの首輪のリメイクに取り掛かった。
針穴を目打ちと金づちで開けたら、カッティングボードを貫いて、テーブルまで穴が開いてしまってびっくり。
結果を予測できない素人ながら、ぼろぼろの首輪の金具を使って手縫いした首輪は、200円也。
ミミちゃーん、合皮でなく本革ですぞ! 次作は、なにか型押しでもしましょかね~