Monthly Archives: 2017, 7

O’s TNR

2017 , 7 / 31 by share-gaki //

以前、失踪したミミを保護していただいたOさんから、「最近見かけるようになったサビネコを捕獲したので、相談したい」との電話がありました。
小柄なサビネコは、呼べば寄ってくるので、捕獲器なしで保護できたそうです。
ただ、Oさんは一ヵ月ほど前に足を捻挫され、まだ階段の上り下りも大変とのことなので、私が代わりに豊川の動物病院へ連れて行くことになりました。

ここ周辺にいるサビネコは、3年ほど前に私が TNR した母猫の他に、失踪したミミを探していた時、近所のお婆さんの家の庭でも、呼べばすり寄ってくる人懐っこいサビネコがいるくらいでした。
その家には白やトラ猫など複数匹いて、開いたままの玄関引き戸から自由に出入りしている様子。
それでも、その家の門周りから2~3mくらいしか離れなかったサビネコでしたが、最近は玄関が閉じたままです。
Oさんは日常の買い物で、その家の前を通るそうで、やはり在宅の様子がないと。
もうお歳で世話できなくなったかの理由で、ひょっとしたら猫たちは外に出された可能性もあり、Oさんが保護した猫は、人懐っこいサビネコかもしれません。


.
キャリーに入ったサビネコを動物病院へ連れて行きましたが、突然環境が変わってしまった不安感で、ずーっと鳴きっぱなしでした。
順番を待つ間に、保護した野良猫の耳の治療をという方と、「ハーツさんから教えてもらって来ました」というお二人連れが来ました。
段ボールに入ったハーツさんの捕獲器から、若い猫の鳴き声が響きます。
会社に迷い込んできた、人慣れした猫(たぶん捨て猫)の健康診断と避妊手術をしたいとのこと。
いろんな方たちが、それぞれの出来る形で野良猫の保護をしてるようです。

帰宅してからハーツさんの今日のブログ「何かが動き出した!」を読むと、ちょうどそのことが書かれていました。

ハーツさんのアドバイスと器具の貸し出しなどのサポートもですが、TNR に協力的なヤマヒロ動物病院のおかげもあって、小さな振る舞いの一歩を踏み出す人が増えてきてるようです。
 

6月にも、友人が初めて保護したシャム系の子猫は、ウィスル性の病気で片目が失明していました。
ガリガリに痩せて目も鼻もひどい状態でしたが、友人の手厚い看護のおかげで元気になり、何週間か後には里親さんも見つけることができました。
情がわいて、辛い別れだったそうですが、健康診断と予防接種でS動物病院へ連れて行ったら、「同じ子猫が来たなぁ」と。
時同じくして、その兄弟の子猫も、若いご夫婦に保護されていて、ハーツさんがアドバイスされたそうです。


Veranda garden in July

2017 , 7 / 24 by share-gaki //


梅雨明けのあと、なんとかエアコンが無くても過ごせる日が続きました。
気温が高くても、湿度が上がらず風さえあれば、扇風機だけでも快適ですが、今朝は散歩のあと、汗が引くまでエアコンのスイッチオン。

紫陽花の花も終わり、ベランダは今グリーンだけですが、風でそよぐ葉が涼しげ。
PC の位置から眺めると、トリミングしたように見えるハツユキカズラと鉢がお気に入りの景色です。


Rainy season

2017 , 7 / 20 by share-gaki //

梅雨明けは、昨日だったとか。
乾いた風が部屋中を通り抜ける、気持ちの良い一日でした。
夏は苦手ですが、早朝から体を動かして汗をかくおかげで、股関節等の動きが保てています。

先日、ヒメシャラに、タコ壺のようなものが付いていました。
きっと蜂だろうと思い、枝から落としましたが、中から青虫が出てきました。
しばらくして、巣の持ち主らしき蜂が飛んできたので、ネットで調べたら、トックリバチでした。
土で作ったタコ壺のような巣に卵を産んで、餌の虫を入れて幼虫を育てるそうです。
昨年、アシナガバチに刺されて以来、蜂には神経質になっていたけど、トックリバチは他の蜂より攻撃性は低いとか。


Kiowa and Navajo

2017 , 7 / 16 by share-gaki //

豆乳ヨーグルトは、11%の萬来豆乳300CC に自家製乳酸菌を大匙1杯入れて混ぜ、最近はグラスで作っています。
固まる力が強いので、乳酸菌の量で固さを調整しますが、ブラマンジェのような食感になります。

3時のおやつに、大粒のブラックベリー・カイオワと小粒のナバホをトッピング。
大粒のカイオワは、味がよく種も気にならないので、ヨーグルトソースが作れるくらいの収穫があったらいいなぁと。
鉢での成長には限りがあるし、この品種はもう出回ってないので、来年春は挿し木で増やそうと検討中です。


Coffee classroom in “Cafe Accordiana”

2017 , 7 / 15 by share-gaki //

自家焙煎珈琲も手掛けている『カフェ・アコーディアナ』さん主催のコーヒー教室・初級編に参加しました。
焙煎歴30年の中村氏(水野コーヒー)を講師に、参加者は8名。
お湯の温度95℃・85℃で、中挽きのビターブレンド2杯分22gを 4組に分かれて淹れました。

円錐形のドリッパーを使い、蒸らしのオフの落とし方から、蒸らしのあとのお湯の回し方のコツを、丁寧に教えていただきました。
同じ条件でも、淹れ方で苦味・酸味・甘味・コクのバランスが様々で、自分の好みを掴むのが、淹れる醍醐味なのでしょう。
続いて、濃い目で酸味が引き立ちやすくなる細挽きと、アメリカン風のすっきりした味わいになる荒挽きの豆も淹れました。

普段は中挽き80℃で淹れるだけなので、いろんな淹れ方を教えてもらい、中身の濃い教室体験でしたし、4抽出4組分を試飲して、珈琲でお腹がいっぱいにもなったコーヒー教室でもありました。

プロならではの講習と、ビターブレンドとブラウニーのお土産付きで1000円!
次の機会も、楽しみにしています。


Copyright © 2017 晒柿 All Rights Reserved. Since_2000.10.27 (Remake #6_2014.1)
Designed & Developed by ThemeElephant