Monthly Archives: 2017, 11

Today

2017 , 11 / 18 by share-gaki //

スタジオ計画のことで相談に乗ってほしいと、友人の母娘お二人がやってきました。
差し入れのドライフルーツパン(スパイシーで美味しい)と、珈琲やインドの茶でティタイム。

平屋のスタジオでも、思いのほか見積もりが高く、将来を見通しての設備に費用をかけるかどうかが悩ましいとのこと。
住宅、あるいは住宅併用ならば、その設備も有効な手段だろうけど、スタジオとしての使用時間などを考えると、違う方法でランニングコストを抑えながらも快適性が叶うのではと提案。
夕方から工務店との打ち合わせがあるそうで、その前に「かぜのように はなのように」さんの”風薫るブレッド”で野菜だけのサンドイッチを作って、小腹を満たしてもらいました。

 

クライアントさんサイトのテーマ変更を、ほとんど視聴のない明け方にトップページのカスタマイズをして3日目の今日、あらかた整ったところで、PC・タブレット・スマホの各サイズでの表示をチェックしながらの微調整が、まだ続きます。
何事も大雑把な私が、唯一1ピクセル単位でこだわる作業です。

ちょと一休みして、頭を休めタイム。
部屋の照明を消して息子のテレビに転送して観ると、プラネタリウム気分です。
よろしければ、全画面版でどうぞ。


The first harvest of viollette de sollies

2017 , 11 / 16 by share-gaki //

本来は10月が収穫時のフランス産黒いちじくビオレ・ソリエスが、雨が多く日照不足だったため、一ヵ月ほど遅れで色づき始めました。
もっと黒っぽくなる品種だけど、首が垂れ始めたのと、蜜も出てたので収穫。
今朝は、自家製豆乳ヨーグルトにブルーベリーソースとビオレ・ソリエスでデザートにしました。
甘みと酸味のバランスがいい無花果で、皮の色をアクセントにした料理やお菓子などにも使われることが多く、のドライ無花果にもされる品種だそうです。

 

ビオレ・ソリエスは樹勢が強く、新枝が真っ直ぐ伸びて、大きな葉の付け根に実を付けています。
イチジクの品種によって、栽培の難度が差があるのか、以前畑で栽培してたグゼブラ・スィートも、同じように枝が真っ直ぐ伸びて逞しく育つのに、実は一つも付けなかったのでした。
今夏に講習した苗木のビオレ・ソリエスは、実が付いた状態で届いたのですが、葉ばかり茂って実がならないことが多いようで、栽培が難しい品種なのかもしれません。
水切れで、いくつか落果し、6個だけ残りました。
遅い収穫が来年の実付けに影響が出るかもしれませんが、剪定した枝を挿し木にして増やせたらいいなぁと思います。


Webmaster Course

2017 , 11 / 15 by share-gaki //

ウェブマスター講座2期生のAさんは、内藤満里子さんの講座も受講されているグラフィックデザイナーさん。
南陽地区市民館の館長さんとご一緒に、我が家へいらしたとき、ふと声を掛けさせてもらったのも、なにかの縁です。

今日は、サーバーをレンタルしてデータベースを作り、無料ドメインを取得し、FTTP で wordpress をアップロード後に、データベースへインストールしてダッシュボードにログイン。
ここまでの手順は、今でこそサクサクと勧められますが、初めての時は、マニュアルを見ても自信なく、ドキドキものでした。
講座では実践してもらいますが、一サイト一回の手続きと設定ゆえ、なかなか覚えられないので、複数のデータベース作成で体験していただくことになります。
サイトのトップページを、フォントも含めてデザインするのを次回の課題とし、本日の講座を締めくくりました。

クライアントさんのテーマ変更は、あと2.3日で終えられる予定。
wordpress テーマ(無料)は膨大な数があるので、目移りしがちだけど、いくつかのテーマを使ってみて思うのは、できるだけシンプルなスタイルシートとテンプレートがあれば充分ということにたどり着きました。


Today

2017 , 11 / 14 by share-gaki //

ほとんどの葉が落ちてしまったツタの紅葉が、やっと見頃に。


 

先週からテーマ変更のサイト2つと、9月からのサイトを進めていて、今日はひと段落したあと、午後から昼寝。
でも約2時間は長すぎたようで、起きたあとの胃が思わしくなく、温かいお茶でティタイム。
晩秋の雨は肌寒く、ソラとメグは一緒に籐椅子の上で、ハナは湯たんぽ付きのスツールの中で、ミミはベッドでと、猫たちはそれぞれの場所で、ひたすら寝てる。

 

朝食は、定番のキャベツサラダ(セロリ・大豆・玉ねぎ+林檎)だけど、サンドイッチの時は、それに加えてレタスもで、300円也の寄せ植えが大活躍!
種をまいたルッコラも、ベビーリーフくらいになり、小さなキッチンガーデンで、ささやかな潤いもいただく日々。

 

火曜日は、WOWOWオンデマンドの「プロジェクト・ランウェイ15 #4 デザインよ、浮かび上がれ」更新。
ブラックライトに反応する素材を使って、昼と夜を切り替えられる服がテーマ。

人気リアリティ・ショーの第15シーズン。何千人もの中から番組の出場権を手にした16人が、トップデザイナーを目指して熾烈なデザインバトルを展開する。

早めの夕食のあと、Netflix でドキュメンタリーを2本。
「写真家レスリー・キーの世界」の途中で、PCからテレビに変えて視聴。

◆コルトレーンを追いかけて/Chasing Trane: The John Coltrane

ジャズの巨星、ジョン・コルトレーンの音楽は、どんな出来事に影響されたのか? 様々な証言や映像を散りばめた、偉大なジャズマンの実像に迫るドキュメンタリー。

◆Art Documentary LOVE ~写真家レスリー・キーの世界

関係者へのインタビューを通して、日本を拠点にするシンガポール出身の写真家、レスリー・キーの生い立ちから、彼が独自のスタイルに到達した芸術家人生を追う。


“KUTASABO NATSUME”

2017 , 11 / 10 by share-gaki //

今日は、『蔵茶房なつめ』さんの自家焙煎珈琲メニュー変更と、ギフト用の商品ページの打ち合わせで、ウェブマスター講座生のMさんと一緒に行ってきました。

樹上で完熟・乾燥させた自家焙煎珈琲「樹上乾燥豆」も気になるところですが、 シュトーレン( tetoteto さん)とのお洒落なギフトは、小粋なプレゼントになりそう。
シュトーレンは、良質なバターを使って、くるみ・ラム酒漬けレーズン・ドライいちじくをたっぷり練り込んだ、どっしり、しっとりしたシュトーレンで、『くらのほ』にて、単品でも購入できるとのことです。

 

打ち合わせと撮影のあとは、酒房でもオーナーさんのお話を愉しませてもらった、久々の蔵茶房なつめさん訪問でした。



真っ赤に色づいた、蔵茶房なつめさんの庭のピラカンサ


Copyright © 2017 晒柿 All Rights Reserved. Since_2000.10.27 (Remake #6_2014.1)
Designed & Developed by ThemeElephant