The first harvest of viollette de sollies

2017 , 11 / 16 by share-gaki //

本来は10月が収穫時のフランス産黒いちじくビオレ・ソリエスが、雨が多く日照不足だったため、一ヵ月ほど遅れで色づき始めました。
もっと黒っぽくなる品種だけど、首が垂れ始めたのと、蜜も出てたので収穫。
今朝は、自家製豆乳ヨーグルトにブルーベリーソースとビオレ・ソリエスでデザートにしました。
甘みと酸味のバランスがいい無花果で、皮の色をアクセントにした料理やお菓子などにも使われることが多く、のドライ無花果にもされる品種だそうです。

 

ビオレ・ソリエスは樹勢が強く、新枝が真っ直ぐ伸びて、大きな葉の付け根に実を付けています。
イチジクの品種によって、栽培の難度が差があるのか、以前畑で栽培してたグゼブラ・スィートも、同じように枝が真っ直ぐ伸びて逞しく育つのに、実は一つも付けなかったのでした。
今夏に講習した苗木のビオレ・ソリエスは、実が付いた状態で届いたのですが、葉ばかり茂って実がならないことが多いようで、栽培が難しい品種なのかもしれません。
水切れで、いくつか落果し、6個だけ残りました。
遅い収穫が来年の実付けに影響が出るかもしれませんが、剪定した枝を挿し木にして増やせたらいいなぁと思います。


Copyright © 2017 晒柿 All Rights Reserved. Since_2000.10.27 (Remake #6_2014.1)
Designed & Developed by ThemeElephant