Monthly Archives: 2012, 12

He takes it easy New Year’s Eve.

2012 , 12 / 31 by share-gaki //

ガラスの花器に貼った和紙と墨が乾いて、なかなかいい感じになった。
一枝でも存在感のある南天の置き場所を、玄関の飾り棚だと高さのバランスがよろしくないので、LDの真ん中にしつらえた。
万が一ひっくり返りでもしたら水浸しになるので、夜は玄関へ避難・・・昨夜、息子の部屋で他の花器をひっくり返されて学習したの。
玄関には、先日いただいた枝モノのブーケの、黄色い菊を白い山茶花に替えて、迎え花にしてみた。
南天の赤い実をと思ってたけど、ひらひらとした動きのある花もいい。

形だけのおせち料理を作らなくなって久しいけど、黒豆とおなま酢、煮しめだけは作ることにしている。
黒豆は、昨夜のうちにストーブで煮ておいた。味付けは、サラダにも使えるように塩少々。
おなま酢は切干大根を使い、人参と柚子とで仕込み中。
煮しめは、元旦の朝に作る・・・暖かいのが食べたいのとレンジがないからで、元旦だけあれば充分。
気が向いたら、出し巻き卵を作るかもだけど、長男夫婦の帰省が2日になったので、今日仕込む分は、年越し蕎麦とお雑煮の出汁をとって終了。
いつもの時間に次男帰省で、その前に次男からの宅配が届くとか・・・楽しみだねぇ。

そうそう、編みかけの靴下をと思ってたら、棒針が1本なくて足踏み状態だったけど、深夜3時前にサッカーしているソラをお仕置き(息子の部屋に)しようと起きて行ったら、なんとその編み棒をボールにしていた。
ここ2.3日、何度も部屋中を探して見つからなかったのに・・・ってことで、自首?したソラに免じて、お仕置きは許すことにした。

その続きで、朝起きて、洗濯・掃除を済ませ、仕込みも終えて、ひと段落したところで、夜中のことを思い出した。あの編み棒をどこへ置いたっけ? ・・・まさか夢じゃないよね。


お土産到着!
「cafe Eight」のナッツバー3種類と挽きたてのピーナッツバター!
飛び上がって喜んだのは言うまでもない。
以前、ナッツバーを一種類だけ取り寄せたとき、ハーフサイズでも食べ応えがあって美味しかったので、いつか他の種類も食べたいなぁと思ってたのだった。
次男が帰ってくるまで、おあずけだけど、ピーナッツバターとバナナのサンドイッチの為に、バナナを買っておかなくちゃ。


2012 , 12 / 30 by share-gaki //

今年から年末年始のゴミ収集が変わって、通常は月・木収集なのが、今日は日曜日だけど燃えるゴミ収集の最終日、次は年明け5日の土曜日と変則的だ。
清掃職員さんも、市役所の人と同じ休暇になったのかな。
出掛けついでにと思ってたら、いつもより早い時間に収集車の音がしたので、慌てて下に降りてセーフ!
ゴミ出しの数が少ないので、あっという間に収集して移動し、同じようにゴミ袋を片手に駆け込んできた人は次の場所まで走っていった。
このあたりは50mくらいの間隔に収集場所があるので、どこかで間に合うのはありがたい。

スーパーの混雑を避けるため、9時半のオープンを待ってアツミまで車を走らせた。
野菜は購入済みなので、今日は冷凍マグロのブロック、豆腐、鶏や豚肉などの生鮮とお餅を購入。
帰宅して冷蔵庫に詰めるものの、なにせ冷凍庫と合わせて130ℓだから、野菜のほとんどはベランダに置いている。天候によっては、ベランダもりっぱな冷蔵庫になるのね。

 

ご近所のWさんから南天の枝をいただいたのものの、ふだん花を生けることがないので(猫がいたずらするからね)、南天に合う風情と大きさの花器がない。
在職中に自費で購入してディスプレイで使っていた花器のほとんどを手放したので、手元に残っているのは、いただきものの一輪挿し二つと、ガラスの花器だけになってしまった。
思案の末、ガラスの花器に和紙を貼って墨を塗った。
松や梅などを一緒に生ければ、華やかになるんだろうけど、一枝の南天の簡素さが、我が家らしくていい。
長いこと鏡餅を端折ってきたけど、ラミネートしてない小さな丸餅があったので、小さなダイダイと一緒に買った。これは、半紙を敷いた古台に置いて、ウラジロの代わりに、ベランダのシダを使おうかな。
密封された袋からお餅を出したら、じきにひび割れてきた。
元旦の朝でもよかったかなぁ・・・

一人であれば、お正月そのものを端折ってしまいたいのが本音だけど、家族が集うことだし、ささやかながら、しつらえとともに新年を迎える準備に勤しみましょ。


Comfortable interior design

2012 , 12 / 29 by share-gaki //

目の前にしたモノに対して、形から入るタイプと、色から入るタイプがあるとすれば、私は後者で、まず色が目に飛び込んでくる。その色もグレイッシュトーンであれば、たいていの色相は受け入れられるが、彩度は低目が心地よく感じる。音で言えばハスキーな低音になるのかなぁ。

 

アトリエ創作室の中西さんにお借りした洋書の、古びたアースカラーが醸し出す世界に、ほれ込んでしまった。
撮影のためのセレクトだから、暮らすとなると私には重いけど、とにかく煤けたような配色がたまらない。
中でも、小さなキッチンのようなシンクコーナーに、目が釘付けになった。
扉の板目と取っ手がいいなぁと思いながら、我が家のキッチンの扉をリメイクしようとスケッチしたことを思い出した。

薄めの集製材を寸法通りにカットしてもらえば、金具と取っ手を付け替えるだけ。
すぐにでも出来そうだったけど、流し台の前の板も、棚も、床も、みんな焦げ茶色だから、キッチンはアイボリーでもいいかと、あっさり却下。なのに洋書のキッチンを眺めてたら、またムクムクとリメイク病が・・・
焦げ茶と壁の色とのコントラストがいいなぁと思いつつ、我が家の安っぽい合板の扉も、焦げ茶の中にあってモダンにも見えるじゃないと、ひいき目になり、やっぱり却下。


Copyright © 2018 晒柿 All Rights Reserved. Since_2000.10.27 (Remake #6_2014.1)
Designed & Developed by ThemeElephant