Monthly Archives: 2014, 11

Cat House

2014 , 11 / 28 by share-gaki //

今朝、段ボールのネコハウスを組み立てた。
組み立ててる間にも、猫たちが「なんだろう?」と周りに集まってきてチェック。
いの一番に入ったのはメグで、次にソラ、そしてクウ。ミミは興味なし。
箱の底に爪とぎ用の段ボールもあり、四方に開いた穴が、猫たちの遊び心を誘う。
ネコハウスの中と外とで、攻防戦が始まった。
と、そのうちクウがネコハウスをかじりだした。
サビ猫親子を保護した際、ケージに小さな段ボールを入れてたら、親子して一晩でかじり潰してた。
厚めの段ボール三重の壁だから、相当丈夫だろうけど、サビ家系のDNAは侮れない。

通り抜けられる代わりに、中でゆったり寛げないかもと思って片方の出入り口を壁にくっつけてみた。
上に座布団を置いたら、ちょこんとメグが座ってた。
この寒い季節だけ中にフリースを敷けば、あんがいお昼寝ハウスになるかも・・・
愉しんでるのは猫たちだけじゃない(^^)

366
2014-1128
381
2014-1128a

Cat marchais

2014 , 11 / 27 by share-gaki //

2014-1127
今日から「ほの国百貨店」8階で開催の「ねこマルシェ」へ、友人と待ち合わせて行ってきました。
「うちのねこ」写真展は応募写真が300点ちかくあったそうで、我が家の猫たちも、間際に出させていただきましたが、どの猫も可愛くて、もう目も心もとろとろ。
ユニークな名前もあったりで、一点一点へばりついて観てました。

358

 

会場では、「うちのねこ」写真展のほかに、鈴尾 粥さんの連載漫画「猫嫌いの家に生まれた猫好きが猫と暮らす絵日記」のパネル展示や、ハーツさんの活動内容、子猫たちの里親募集、猫や犬に関する条例などの展示コーナーがあり、某テレビ局が取材撮影(ドキュメンタリー番組)していました。
また、猫をモチーフにしたモノたちを販売していて、今成敏夫さんのクリスマスバージョンのパステル画や、リラクゼーションコーナーではプロのマッサージが15分で1000円!
一部はハーツさんへのチャリティにもお役立ちで、 私は「ネコハウス・ココロボックス」をゲットしました。

349
347
348
351

「ねこマルシェ」は12月1日まで開催ですので、ぜひお出かけくださいませ~!
「ほの国百貨店」の名前になってから初めて行きましたら、地下駐車場は無料でしたよ。

友人とお茶したあと、所用で蒲郡へ行き、夕方に帰宅してから仕事もで、まだ「ネコハウス・ココロボックス」は組み立てておりませんが、猫たちの反応やいかに・・・明日をお楽しみに!


Today’s cat

2014 , 11 / 26 by share-gaki //

今日も時折雨の曇天で、一日のほとんどを椅子の上でまどろむ猫たち。
保護して約3週間のメグが、ソラに嫌われてもめげずにアプローチし、ついに攻略?して
毛づくろいをしてもらい、そのすぐあとはミミの横で寝ていた。
おとな猫の横へ、時間差でくっついてるメグが、おもしろいなぁと思う。
メグに取っては、なんたってクウが一番なんだろうけど、人好きのミミやソラがお手本だったら
私にもくっついてくれただろうなぁ。

2014-1126aクウとメグはいつも一緒

2014-1126c黒同士で輪郭がさだかでないミミとメグ
 

2014-1126bやっとメグを受け入れ始めたソラと

2014-1126d白同士のクウとソラ


Steaming chicken udon

2014 , 11 / 25 by share-gaki //

2014-1125a
昨日の午後は、Nさんが自家栽培のキウイを届けてくださって、ティタイム。
今日はKさんが、バザーで買っていただいた太田修嗣さんの根来塗り椀と、ババグーリのプレート+小鉢セットを受け取りに来てくださった。
バザーに来てくださった方からい頂いた好物の乾麺を使って、お昼は蒸し鶏うどんに(白ネギと柚子胡椒のたれ)。
セイロで蒸した鶏モモはやわらかくて、白ネギソースもまぁまぁだったけど、うどんとは別に盛って、薬味だけのあっさりうどんの方が美味しかったかもと、食べ終わってから思った。
麺にのせるなら、ラーメンのときかなぁ。


Harvest festival

2014 , 11 / 23 by share-gaki //

2014-1123
澄みきった青空の下、「豊橋有機農業の会」主催の収穫祭に参加しました。
毎年、生産者さんの地域で開催され、今年は豊橋の「ごとう製茶」さんと「ネイチャーToshi」さんが担当で、場所は岩屋緑地と近いこともあって、初めての参加でした。

子連れのお若いファミリーが多く、それはもう賑やかで、なんと100名の申し込みがあったんだそうです。
家を出るのが遅かったこともあって、到着時には生産者さんが参加者とともに準備に取り掛かっていました。
エプロン持参で行きましたが、準備の手が多かったこともあって、私はシャッターを切りながらウォッチング。

3か所の天ぷらコーナーでは「揚げたてが美味しいから」とばかりに、揚がった野菜がすぐに誰かの口に入っていて、私もカボチャと大根や牛蒡など、熱々をいただきました。
漬物コーナーでは、彩りのよい赤大根や蕪、葉もの、白と緑のハヤトウリの即席漬け、干し大根の漬物などが並び、隣のコーナーには3種類の玄米おにぎり。
冬瓜汁やおでん、菜飯なども出来あがって食事タイム。どれも生産者さんのお米や野菜などを使った料理が、抱えきれないほどの大鍋にたっぷりです。
食後は、米粉でつくった団子(白と、お茶入りの2種類)のぜんざいもあって、私もしっかり味わいました。

滋養に満ちた食事がひと段落したところで、生産者さんと挨拶と紹介があり、中締めとなりました。
所用もあって、お先に失礼させてもらいましたが、いろんな遊びに興じる子どもたちや、のどかに集うファミリーたちの風景をぼんやり眺めながら、ちゃんと「食」を捉えてることに感心したり、いい時代になってほしいと願ったりで、私の心にも“あたたかなもの”を収穫させてもらった一日でした。


Copyright © 2017 晒柿 All Rights Reserved. Since_2000.10.27 (Remake #6_2014.1)
Designed & Developed by ThemeElephant