友人からの撮影依頼で、担当されたお宅へ同行ました。

壁紙やカーテンなどのリメイクと、家具やインテリアのコーディネートを担ったゲストルーム(リビングダイニング)は、吹き抜けのあるエントランスとが、ひとつの空間にもなっていました。
シックでエレガントシなインテリアと調度品に圧倒されながらも、小さな仏像や曼荼羅のタンカ、歴史を物語るコレクションの数々に目を奪われつつ、シャッターを切り続けました。

フレンドリーなワンちゃんの歓迎を受けたり、プライベートリビングで寛ぐ、マイシャそっくりの猫ちゃんも! で、
ついカメラを向けるけど、かわゆいワンちゃんは、動きが早くてシャッターがついていきませんでした。

2015-0417cat
ひとしきりしてカメラの電源を切り、最後にもう一度・・・と思ったら、電源は入ってもレンズが出てこないのです。
今月に入って4回目で、これまでは電池を入れ直して落着だったのに、どうも違うようです。
友人の一眼レフを借りて納めましたが、写真の整理を終えた夕方、カメラ購入した「キタムラ」で見てもらったら、レンズが原因のようで、そのまま修理に出しました。
戻るのに通常3週間・・・機械ものの当たり外れがあるとはいえ、中古とはいえ、まだ2か月余り。
同じく中古で買った6年目のLUMIX は、まだ使えるというのにねぇ。

 

抜歯した痛みが、控えめながらもシクシクジワジワ・・・
遅いお昼も、晩ご飯もにゅう麺でして、しばらく麺類三昧になりそうです。