今朝5時、障子越しの明るさに驚いて窓を開けると、東の空が黄金色に輝いていた。

台風4号の発生ころから、梅雨がまた戻ってきたような蒸し暑さになり、台風が熱帯性気圧となった雨上がりの今朝は、久しぶりにウォーキングへ出かけた。
孵化したばかりであろうアブラセミが、ムクドリに食べられているところに出くわして、そういえば先週の土曜の朝、前庭でセミの初鳴きを聞いたものの、曇ったり雨が降ったりで、そのあと静かだったのを思い出した。

久々の青空にシーツや厚での衣類を洗濯し、午後からも洗った猫ソファのカバーが乾くころに、雲行きが怪しくなり、雷も鳴りだした。

10年ほど前に、建物横の電柱に雷が落ちた時、ケーブルテレビのケーブルからモデムに入って壊れてしまってからは、雷が近いとPCの電源を切るようにしていて、今回も雷が近くになったときに電源を落とした。
雷鳴が遠のいてから再び電源を入れて、更新作業を進めていたら、近くで雷が落ちた凄まじい音で、窓際に居たミミがびっくりして部屋の奥へ逃げていった。

雨がひと段落したところで南北の窓を開けると、ひんやりした空気が流れ、扇風機を回していると肌寒いくらいに室温が下がって心地よい。
今年は早い梅雨明け宣言だったけど、ひょっとしてこの雷雨をもって本来の梅雨開けかもね。